TOP > BONJOUR MON COUSSIN > お財布



|BONJOUR MON COUSSIN/コインパース(がま口)/"VOYAGE"

BONJOUR MON COUSSIN,がま口,マルチポーチ『使いすぎに注意!! 可愛くて、つい出したくなっちゃうコインパースです。』

ピンクのゾウと、旅に出よう!!

けっこう深さがあるので、お財布だけではなく印鑑やコスメポーチやカード、iPodとイヤホンなどを入れたり♪
また、ちょっと個性的な名刺入れなどなど…マルチポーチとしてもGOOD!
ユニークな柄は、男性が持っても素敵ですね。
控えめな小物たちは、思った以上に持つ人を表してしまうもの。気合を入れすぎず、でもキチンとお洒落をしているととても好感が持てますよね。
ココロもウキウキするCUTEながま口で小物使いを楽しみましょう♪



BONJOUR MON COUSSIN,がま口,マルチポーチ
|what is "GAMAGUCHI" ?
不思議な魅力いっぱいの「がま口」。
老若男女に人気があって、和スタイルにも、洋スタイルにも合って、シンプルで使いやすいのに機能美があって・・・パクって口を閉じちゃうと安心。
何よりの特徴は、口金の“ぱちん”という小気味よい音と共にワンタッチで簡単に開閉ができること。
ただ便利なだけでなく、その音が何か懐かしさと楽しさをもたらしてくれる不思議なアイテム、それが「がま口」なのです。

そして意外や意外、がま口の発祥は日本ではなくヨーロッパ。
特に15〜16世紀のフランスの貴婦人がパーティバッグ(ハンドバッグ代わり)としてがま口を愛用していたことでその存在が広まったそう。
「フレームバース(Frame Purse)」等と呼ばれるがま口、イギリスではビクトリア朝時代にも愛用されていて、特にビーズの刺繍を施した小さなバッグは彼女たちにちなんで「ビクトリアンパース(Victorian Purse)」とも呼ばれていたそうです。
日本に入ってきたのは明治時代になってから。
口金がガマ(蝦蟇)の口のように開くところから〈がまぐち〉の名がつき、初期には蝦蟇巾着・西洋胴乱と呼ばれ、肩にかけたり腰に下げたりしていたそうです。
パチンと開けばおフランスの香り。昨日までのまどろっこしい巾着とはうって変わってワンタッチで異国の貴婦人気分♪
日本の淑女の皆様はすっかりがま口に夢中になったとか・・・

 



【サイズ】約H13×W11.5×D4 cm
【重さ】約50 g
【素材】ポリ塩化ビニール100%
made in CHINA
【備考】お財布内側の色や仕様は、作られた時期によって変わることがございますので、予めご了承下さいませ。

【配送方法】こちらの商品は下記の方法で配送いたします。料金・その他詳細に付いては右のご利用ガイド または、配送方法をクリックしてご確認下さい。
はこBOON
レターパックプラス

※こちらの商品は、1月中旬の便でフランスより届きます!!
お客様への納品は、1月下旬頃の予定となっております。お急ぎのお客様は、誠に申し訳ございません。※